ペルー、そしてバジェスルというオリーブオイル

日本では知られていない「美食の国ペルー」

日本ではまだ知られていないオリーブ大国があることをご存じですか?

その国こそ南米のオリーブ大国、『美食の国』の異名を持つ「ペルー」です

美食の国ペルーから来たオリーブオイル

日本ではあまり知られていないペルーですが、旅行業界のアカデミー賞、「ワールド・トラベル・アワード」の
「世界で最も美食を楽しめる国 (World’s Leading Culinary Destination)」部門で
8年連続最優秀賞に選ばれています。

また、世界遺産マチュピチュ遺跡も「世界で最も魅力的な観光名所(World’s Leading Tourist Attraction 2019)」を受賞しています。

ペルーは食材の宝庫

ペルーは南北に長く、太平洋沿いの海岸、アンデス山脈周辺の山脈地帯、そしてアマゾンの広がるジャングルと3つのエリアがあり、その食材の豊富さが特徴です。

タコ、イカ、エビ、種類豊富な魚介類がとれる海岸、山脈地帯ではオリーブ、ジャガイモやトウモロコシが、そしてジャングルではイモ類やバナナ、淡水魚がよく取れます。

ペルーの食材

世界でも類を見ない多種多様な食材と、かつて移住した日系人、スペイン人がもたらした料理を取り入れて独自の発展を遂げているがゆえに、「美食の国」と呼ばれています

南米の料理、食品等は日本ではあまり浸透しておらず、まだまだ馴染みがありませんがペルーは世界でとても愛されている国の1つなのです。

ペルーのオリーブオイル「バジェスル」

「バジェスルオリーブオイル」はペルー南部のタクナ地方、アタカマ砂漠の頂上に位置するオリーブ農園で作られています。農園の大きさは30,000haにもなり大中小のオリーブ農家の方々と協力して保たれています。

450年の時を経て育まれた、ペルーのみに存在する、貴重な大粒オリーブ『クリオージャ種』が栽培されており、アンデス山脈の湧水と太陽の恵みを受けて育ったオリーブは格別の美味しさです。

バジェスルオリーブオイル

ヨーロッパ産のオイルが大多数を占める国際舞台で数々の賞を受賞し、ミシュランシェフにも愛用されるオリーブオイル、それこそペルー産Exオリーブオイル『バジェスル』です。

ペルー現地のバジェスルのPRビデオです!

バジェスルは最新設備での製造過程を経て
皆様の食卓に届きます

バジェスルオリーブオイルの製造においてはHACCPに添った衛生管理認証(*1)を受けており、
最新設備を用いて製造しています。また製造過程での安全への十分な配慮、効率的なプロセスにも心掛けて、
ペルーより安全で最高品質のオリーブオイルを提供しています。

最新設備での製品化

安全への配慮や製造プロセスを効率化

最高のオリーブオイルを提供

*1 HACCPによる衛生管理 : 各原料の受入から製造、製品の出荷までのすべての工程において、食中毒などの健康被害を引き起こす可能性のある危害要因を科学的根拠に基づき管理する方法です。危害要因は生物的、化学的、物理的に分けて、各工程もれなく取り上げ、これらを低減・除去するために必要な管理方法を定めます。特に厳重に管理する必要がある工程、または、以降の工程で重要な危害要因を低減・除去できない重要な工程では、管理するための基準を設定、連続的に確認します。 (日本食品衛生協会より引用)

バジェスルの成分

100%エキストラバージンオリーブオイル(酸度0.8%以下)

栄養成分表示

エネルギー:123カロリー
タンパク質:0g

総脂質:13.7g
 *飽和脂肪酸:2.1g
 *トランス脂肪酸:0g
 *一価不飽和脂肪酸:10.2g
 *多価不飽和脂肪酸:1.4g

炭水化物:0g
糖分:0g
ナトリウム:0mg
コレステロール:0mg

食品添加物の有無:無